タイトル未定

「明日なんて、来なくていいのに。」
目が覚めたら、全部、
失くなっていてと、眠る君。

大丈夫だよ、僕がいるよ。
君の町も、君の苦しみも、
全部壊してあげるから。

「これが全部、夢ならいいのに。」
立ちはだかる現実よ、
消え去ってくれと、願う君。

大丈夫だよ、今すぐ行くよ。
君を笑う奴も、悲しみすらも、
遠ざけてみせるから。

やがて正義のヒーロー様が、
僕を殺しにくるだろう、
それも、まあ、構わないさ。

な、ぜ、な、ら、ば。

歓喜の声、その片隅で、
たった一人、そうさ、君だけは、
きっと涙を流すから。
僕を想ってくれるから。

真っ黒けで、
ぐちゃぐちゃなこの心だけど、
今日は立ち向かうんだ、
"正しさ"という暴力に。