Biography

玖咲舞(キュウザキマイ)


東京都町田市出身、クリスマス・イブの夜、芸術家系の父、ドイツ国籍の母の元に生まれ、両親の影響により洋楽を中心に様々な音楽に触れながら育つ、人よりも低い声がコンプレックスであったが、小学校の学校行事にて初めて人前で歌うことを経験し、母から歌声を褒められたことをキッカケに歌手の道を志すようになる、ちなみに幼少期の頃の通信簿にはいつも「良くも悪くも思ったことをハッキリ言い過ぎる性格」と書かれる


中学では合唱部に所属し歌への関心を深めつつ、クラス内でいじめを受けたことをキッカケに「全員見返してやる」という不純な動機によって表舞台に立つ道へと進む志をより強固なモノにする(いじめの原因は色恋沙汰である)、不登校時の自宅での過ごし方はホラー映画鑑賞もしくはネットサーフィン、今にして思えばこの当時の出来事が人生の第一転換期となり、この頃から徐々に鬱屈とした性格が形成され始める


高校進学後、舐められてたまるかと髪を明るくしピアスを開けまくるものの、これといった非行には走ることなく、ボイストレーニングに通いながら高校内で出会った仲間と健全なバンド活動を開始する、ちなみに高校在学時はオタクまっしぐらだった為、いつの日かアニメの主題歌を歌いたいという思いからmixiネームを「アニソン歌手」とする


その後は昭和音楽大学ポピュラー音楽コースに進学、大学内でバンドを組んだことをきっかけにオリジナル曲の制作を開始するが、授業内で音楽的嗜好を矯正されるような感覚への違和感を拭えず、音楽大学は二年終了時に中退する(当時は今よりも更に石頭だったのです)


その後数ヶ月間ジワジワと曲を書き溜め、同年の夏頃より本格的に自身の音楽活動を開始、2013年6月、シンガーソングライター「舞」としてバンドを従えた初ライブを実施、都内を中心にライブ活動を行う、同時期に音楽事務所にも拾われ、ついでにモデルの仕事も経験するが、垣間見える芸能界の闇(ただの一角に過ぎませんが)に耐え切れず即フリーに転身、更には音楽活動時の金銭的なマイナスが続き、この負の連鎖を断ち切るべくバンド活動は一旦封印する


それからしばらくはコーラスサポートやライブバーでの演奏活動、ジャズシンガーとしての活動を経て、徐々にアコースティックな方面へと活動の場所を移しながら、2015年5月、賞金欲しさに「新人弾き語りコンテスト」に応募(井荻チャイナスクエア主催)、ちなみにこの時点で弾き語りはおろかピアノは全くの無経験であったにも関わらず、グランプリを受賞したことをきっかけに"ピアノ弾き語りスタイル"での活動を開始(賞金は中古の電子ピアノ代に充てることとなる)


この出来心での行動が自身の音楽人生を大きく変えるキッカケとなり、フリーランスでの活動ながら2017年には初めての全国流通盤CDをリリースし、地元町田のTOWER RECORDSにてレコ発インストアライブを実施、同年中に二度開催したワンマンライブはいずれも満員御礼にて大成功を収める、そして2019年の夏にはCD制作のためのクラウドファンディングを実施、当初の目標の1.5倍以上の支援総額を集める、現在では年間ライブ本数累計100本を優に超える精力的なペースにて、都内を中心にライブ活動を行っている、日々、歌える喜びと感謝の気持ちを忘れずに、いつの日も命を燃やして歌いマス


Born : 1991/12/24

Height : 170cm

Weight : 45kg

Love : Movie / Ra-men / Coca-Cola