まいたそ

記事一覧(140)

2018年10月30日

大好きなミュージシャンは沢山いるのですが、私が人生で最も影響を受け、愛し、尊敬しているのは、皆さんご存知、椎名林檎さんです長年活動していらっしゃる林檎さん、当然アルバムごとに作風は違います、どれも好きなのですが、とりわけ私が好きなのは、林檎さんの3枚目のアルバム(加爾基 精液 栗の花)から、東京事変中期(教育〜大人あたり)の頃です日本で椎名林檎を知らない人、そうはいないと思います、私のようなファン、一体どれくらい居るんだろうなあ、途方も無い数の人々が林檎さんの音楽を愛していると思いますが、それと同じくらいとまではいかなくても、たくさんの批判と、林檎さんの音楽を否定する人がいることでしょうさて、ここからは私の身の上話になりますが、音大生の頃、授業内で先生が言った、生涯忘れられないであろう言葉がありますヴォーカル演奏法という授業で、あなたが一番"良い"と思う(好みというよりは評価という意味での良い、だと思われます)歌詞を発表してください、という課題を出され、私は当然林檎さんの曲を用意したのですが、その時先生は、「歌とは"癒し"であるべきものなので、攻撃的だったり、下品な言葉が使われた歌詞は正しくありません」と、言いましたそしてこの言葉に続き、だから私は椎名林檎が大嫌いなんですよね、と、林檎ファンである私の目を見て、先生は言い放ちました笑(何年か経ってからこの先生とは和解しているのですが、今の私にとって必要な出来事だったので文にしています、先生蒸し返してごめんなさい!まあこのブログを読んではいないだろうけど…)私は当然、その言葉を受け入れることはできませんでした、もちろん、好みはあります、その点に関しては何も異論はありません、そして所謂「攻撃的」な歌から、怒りや恐怖しか見出せない人も当然たくさんいるでしょうでも私は林檎さんの歌に、何度も何度も何度も人生を救われてきたのです、林檎さんの歌う怒り、悲しみ、孤独、虚しさ、そこに共鳴して、共感して、傷ついた心に染み渡る歌、言葉、それは確かに私にとって「癒し」と呼べるものだったのです、26歳になった今でもそう、何年も昔の、何百回も聞いたであろう曲に、何度だって新しい何かに気付かされ、人生のヒントをもらい、救われて今日まで生きていますそして現在、インディーズシーン片隅中の片隅ではありますが、私も林檎さんと同じくシンガーソングライターとして曲を作り、うたを歌っています"玖咲舞"という音楽を届けていくにあたり、絶対的にポリシーとしていることがいくつかあるのですが、そのうちの一つは、「嫌われる勇気を持つこと」、です再び大学生の頃の話に戻りますが、ソングライティングという定期的に自作の曲を提出する授業がありました、その当時の私は、当然こういうシンガーになりたいと思う理想像はあっても、どちらかというと曲を作り表現することより、ステージに立つことへの憧れだったり、「歌う」という行為自体が楽しいという思いで歌手を志していたこともあって、自分の思いを曝け出し、それを他人に知られてしまうことを恐れていました、これは一番あってはならないことかなと思うのですが、恥ずかしいとさえ感じていたのです例えば、当時大学内で付き合っていた彼氏への愛を歌ったとします、それって周りや、本人には誰のことを歌っているのかバレバレなわけです、ウワ〜あいつ心の中ではこんなこと思ってんだって、そんな風に思われてしまうことが怖くて、当時は全く実体験ではないシチュエーションに、ちょっっっっっとだけ自分の思いを気付かれない程度にブレンドする…みたいな曲の作り方をしていました、本当に心の底からクソつまんねえ曲ばっかり書いていたな笑、でも、ハッキリとしたきっかけがあったのかどうか、その辺りは自分でもよくわからないのですが、今の活動、弾き語りを始めてから、私はそれを一切恐れることがなくなりましたそして、持っている曲の100%ではないですが、私は今実体験を歌っていますそれが当事者である人の耳に届くこと、まあ意味深なことを言ってしまいますが、確実に届いていることを承知で今日まで歌い続けてきましたそれは、こんな思いを抱えているんだよ、苦しいのをわかってください、といったような、その人へのメッセージとして歌っているのでは決してありません、純粋なる表現であり、そこに対して不純な思いは一切、一っっっっっ切ありませんそして、私の歌う曲を聞いて、え、これ俺(私)のことじゃん?!ウワ〜〜〜!この女怖!重!!ヤバ!!!!と思われた時(まあ思わない訳ないんですけど笑)、結果としてその人や、その周りの人を失うことになるかもしれません、けれど、そこに対する恐怖も一切ないのです更にこれは当事者のみならず、リスナーの皆さんに対しても同じことを思っています私の音楽はどう考えても万人ウケしない、好き嫌いがハッキリ別れる音楽性ですが、私は嫌われることを絶対に恐れません例えば、曲作りにおいて、黒か白かと問われた時、まあ6:4くらいで黒かな…と思っていても、表現者という立場にある以上、10:0で黒派ですと言い切る必要があると思っていますそれによって白派の人たちを完全に切り捨てることになっても、嫌われることになっても構いませんそう、構わないし、「恐怖」はありませんだけども当然、痛みは伴います私が実体験を歌うことで大切な人が離れるようなことになれば、それはそれは深い傷を負うことになるのもわかっているし、リスナーさんから「玖咲舞は嫌い」「聴きたくない」(まだ言われたことないと思うけど、ブスとか言われても死ぬほど傷付くよ!!!!)という類の言葉を目にしまった日には、悔しくて普通に泣いたりもしますでも私はそれらを全て覚悟の上で歌っているのです、だって勇気や犠牲をなくして、誰かの心を動かしたり、救ったり、癒したりするなんて、そんな大それたことが叶うはずないのです、かつて私の人生を何度も救ってくれた林檎さんのように、私はそんな覚悟を持って、悲しみを、怒りを、孤独を歌っています、怖くて、攻撃的で、ただ自分の思いを発散しているだけのように聞こえる人も居るでしょう、でも私はいつも、心の底から愛を叫んでいるのです、そんなものは愛じゃないと言われても、これが今生きている等身大の私の愛なのです例えば、いつの日かもっと精神的に大人になって、フラフラしっぱなしの私が身を落ち着かせて、結婚なんてするような日が訪れるかもしれません、今そんな気配は一ミクロンもない訳なんですけど笑、そうなった時、26歳の私が歌っている愛がいかに稚拙かを思い知り、恥ずかしく思うかもしれません、でも、そのアヤマチすら恐れることなく、今の思いを曲の中に閉じ込めて、いつまでも鮮度を保ったまま、歌い続けていきたいと思っています私は今までたくさんの大切な人を失いましたたくさんの売る必要のない喧嘩を売りました私の身勝手でたくさんの人を苦しめて傷つけてきました玖咲"デストロイヤー"舞に改名した方がいいんでねえのってくらい、たくさんたくさん、ぶち壊してきました客観的に見ても私は危険人物だと思います、間違っても敵に回したくないタイプの、性根腐った超ド級のネチネチ女です、それは私をよく知らない人でも、歌を聞けばわかりそうなところですが笑、自分で自分を追い込んで、どんどん孤独が深まっていく人生なのです実際に離れていく人も多いですが、何もそれは物理的なことだけじゃなく、私は最早自分自身の力では制御不能な、大きな問題を心に抱えて生きています、誰にもわからない、誰とも分かち合えない、最早わかってたまるかとさえ思う苦しみです、私はその苦しみの正体を隠して生きてきました、まあ多分隠し切れてはいないわけですが、それを別人格の「私」と思って心の中でひたすら守っています、そしていつのまにかその「私」が心の中でどんどん大きくなり、私の大切なものをどんどん壊していくのです、今、私は割りかし、人生で一番なんじゃないかなーっていうドン底に居ますその中で、やっぱり私は歌うしかないんだなと感じています救いようのない自分を、もしも救えるとするならば、それは音楽しかないと心の底から思うのですこの先もっとたくさん失って、例えたった一人になっても歌います私のこの、クソでしかない人生を歌います負の感情から生まれた言葉を叫びますそれが誰かの何かになること、音楽に救われたかつての自分のような誰かに届くことを信じて活動を続けますそして、大切な大切な人を失って、いっっっぱい間違えて、たくさん傷ついてきたことによって得たものがあること、出会えた人がたくさんいること、それがきっと私の人生の中で一番の奇跡で、かけがえのないものだから、いつか自分を誇れるように、全てはこのためにあったんだって、それらに意味を持たせるのは自分自身の行い、自分次第だと信じて、苦しくても辛くても報われなくても、私は歌いますだから、皆さん、どうぞ私を嫌ってくださいなでも、本当に悪いんだけど、歌うことだけは絶対にやめないし、誰にも止めさせやしないよ、ごめんね!クズで怖い女で上等、これからもデストロイします。笑2018.10.30

年内ラストライブへ向けて

久し振りの更新となりました、まいたそです。皆さんいかがお過ごしでしょうか!私はというと季節の変わり目なので例の如くヤラレテます、いつものことです、通常営業です、皆さんもどうか風邪など引かれぬようご自愛くださいね。今回は一つか二つ前の記事、「お詫びとお知らせ」について、ほんの少しだけ捕捉しておこうと思い立っての更新です。まず、10月2日の企画ライブ以降私が何をして過ごすのかというと、お知らせブログに書いた通り、「持病の療養」と「制作期間」にあてます。数ヶ月ほどライブをお休みするというだけで音楽活動自体を休止するつもりは一切ありません。なので、発表して以来本当の理由は??とか引退しちゃうの???とか散々詮索されるんですが、ブログでお話ししていることが全てですし、引退もしないです。笑活動再開はいつ頃になるのかというと、先述の通り療養も兼ねているのであくまで体調次第になるかと思ってます。理想としてはこの辺りで…と目標にしている時期はありますが現段階で日程を定めることは難しいので明言は避けます。持病についても今の所は公表するつもりはないので、繰り返しとなりますが、お話しできることはブログに書いてあることが全てです。なのですが何度言っても不安に襲われる方が多いようなので笑、今回は今後についてもう少しだけお話したいと思います。5月に行ったファン感謝祭でお話ししたことと重複しますが、私の頭の中は次の作品の制作に向けてのことでいっぱいです!プロットもほぼほぼ出来上がっておりあとは行動に移すのみという段階です。本当は2018年中、今年の年末にレコ発したいと思っていたのですが、持病の具合が悪化したり、リアルな話をすると私生活でお金が必要な事情があったりで、現状で制作とレコ発を無理矢理決行しても、半端なモノにしかならないなと思ったのです。もちろん焦る気持ちが無いと言ったら大嘘になります。一刻も早く形にしたいし、新しいステップへと進めたらと日々思っています。でもその前に片付けるべき問題を一つ一つこなした上で、万全の状態で制作に臨みたいのです。全ては「良いものを作りたい」という思い一つです。とはいえ、実際は何も大袈裟なことはなく、たった数ヶ月の間ライブをしないというだけの話なのです、このブログは心配性のファンの方々と詮索好きの方に向けて書いているだけの記事なのですが、一つだけ言いたいのは、これらは私にとって非常に勇気のいる決断だったということです。休止を「怠惰」と捉える方もきっといるであろうことは承知の上です。厳しいお言葉も頂きました。でも、「ん〜〜ちょっと疲れたし、ライブすんのも飽きたかな〜〜〜休も(鼻ホジホジ)」的なニュアンスではないことだけ、理解して頂けたら幸いです。笑あともう一つくらい言っておきたいことがあったのですが、とりあえず今日はこの辺で。10月2日、皆さん複雑な思いがあるようですが、私としては単純に、この日を楽しみにしていて欲しいなーという感じです。共演の方々も素晴らしいミュージシャンばかりですし…!これから仕込みに入りますが気持ちの面ではもうとっくに準備万端です、体の中でグツグツしてる思い全部ブチ込んで、マイナス×マイナスはプラスやぞって感じのスカッとするステージにしたいな、塩らしい感じは一切ナシです、乞うご期待!

お詫びとお知らせ

‪6月30日の板橋ファイトさんで発売予定だったシングル「アンドロメダ」の製作及び発売を中止とさせて頂きます。当初のアナウンスから内容が変更になってしまうこと、何より楽しみにして下さっていた皆様、誠に申し訳ございません。そしてこの度、持病の療養と、音楽活動と私生活、いずれも新たなステップへと向けた準備期間を設けるために、少しの間ライブ活動をお休みすることに致しました。年内のライブスケジュールはHPのScheduleページに記載しているものがすべてとなり、これ以上は増えません。年内最後のライブは真昼の月夜の太陽さんです。上記の旨をお伝えしたところ、有難くも真昼の月さんとの共同企画をやらせて頂けることになりました…!10月2日(火)バンド編成でパーーーーーーッとやります。今から予定を空けておいて頂けると嬉しいです…!年内に予定していた全ては来年以降に持ち越しとなってしまうのですが、じっくりと時間を掛けることができる分、私史上最高の音楽を、最高の作品を、自信を持ってお届けできるようになって戻って参ります。しばしのお休み前、気が向いた際にでも是非一度会いに来て頂けると嬉しいです。戻ってきた時に進化を実感して頂けるように☺︎今後とも、玖咲舞と、玖咲舞の音楽を、どうぞよろしくお願い致します!6月11日(月)【雨あがって、虹がふる】吉祥寺STAR PINE'S CAFEAct 玖咲舞/黒木瞳/"el"sol/伊禮恵Open 18:30 / Start 19:00Charge 前売3000円 / 当日3300円 (+1D)出演 19:00~6月14日(木)【空色のメロディー #127】川口キャバリーノAct 奥山汐理/玖咲舞/moca/瑠愛Open 18:30 / Start 19:00Charge 2000円(+2order)出演 19:40~6月21日(木)【GRAPES KITASANDO presents 北参道音彩 -marcato- 】GRAPES KITASANDOAct 向江陽子/小川エリ/玖咲舞/O.A アーティーチョークOpen 18:30 / Start 19:00Charge 2500円(+1Drink&1Snack 1000円)出演 20:05~6月23日(土)【Special 3Man Live -六月の雨-】水道橋WordsAct 黒澤まどか/玖咲舞/mariOpen 12:00 / Start 12:30Charge 3000円(+1D)出演 13:15~(40分ステージ)6月27日(水)【オトノアリカ】北参道ストロボカフェAct kyao/玖咲舞/渡部歩/香焼志保Open 19:00 / Start 19:30Charge 2000円(+1D)出演 20:05~6月30日(土)【五十嵐晴美×玖咲舞 全力ツーマン】板橋ファイト!Act 五十嵐晴美/玖咲舞Open 19:00 / Start 19:30Charge 2500円(+1D)限定フード有、限定グッズ有、全力コラボ有!!!!7月2日(月)【'S Wonderful! ~Monday スリーマンLIVE~】東新宿 真昼の月夜の太陽Act サトウリュースケ/CittY/玖咲舞/O.A RitomoOpen 18:15 / Start 18:45Charge 前売2500円 / 当日3000円 (+1D)出演 19:15~(40分ステージ)Support 門藤翔太(Gt,)7月8日(日)【Viva!Kawaguchi!SPECIALE!!~ゆかた祭り2018-7月-~】川口キャバリーノAct yuuka/玖咲舞/南紗椰/上村叶恵/城所葵Open 16:30 / Start 17:00Charge 前売2500円 / 当日2800円 (+1D)出演 17:50~(40分ステージ)☆浴衣イベントです!7月14日(土)水道橋Words詳細未定7月23日(月)【noraneko no uta vol.6】四谷LOTUSAct 咲耶/尾崎リノ/玖咲舞/あみこ/and more...Open 18:00 / Start 18:30Charge 前売2500円 / 当日3000円 (+1D)7月26日(木)shibuya gee-ge.詳細未定8月11日(土)GRAPES KITASANDO詳細未定Support 安藤葉月(Vc.)8月16日(木)水道橋Words詳細未定9月15日(土)【来ました!恒例祭り!一年に一回のあの祭り!門西恋主催ライブ♪2018年は5日連続!豪華アーティスト遠征組含めた神!全29組『あ・り・の・ま・ま』5日間の日常をお届けします!2018年9月15日(土) 2日目『常』スタート!】こまごめわいわいほーるAct 門西恋/玖咲舞/をしん/柚姫いよ(岡山)/小谷野真弓/佐川真由(大阪)/Tony Reve(滋賀)/高尾彩佳Open 17:00 / Start 17:20Charge 前売3000円 / 当日3400円 (+1D)出演 18:30~10月2日(火)東新宿 真昼の月夜の太陽詳細未定Support 門藤翔太(Gt.)/植松慎之介(Ba.)/尾田遼平(Drs.)